Friday, November 17, 2017

山口裕子さんのcorner開設

国際派なのに、 制作する作品は 純和風民芸超の 山口裕子さんの コーナーが できました。   古い布や 思い入れのある布を 駆使して  味わいのある 手芸作品ができました。  今回  お見せするだけでなく、「販売できるもの」を 展示していただきました。    手のこんだ、 ボボ、 コースター がま口、 ブローチなど    ご高覧ください。

Friday, November 10, 2017

木曽の名工 松室裕重さんの漆工芸品

最後の個展からずいぶん時間が経過してしまいましたが 現代の名工、 南木曽町から  松室広重さんの作品が到着しました。   今回は 小作品のみ 常設コーナーに!   木工ロクロで 自ら 型を作っています。   拭き漆は 生漆を5回も 塗っては ふき取り塗ってはふき取り。。。   そして この 底光りするような 素敵な黒色が生まれます。   漆に 黒煙をまぜて この色に到達しました。  木材の生地の質感を   ころさないように。。。そして 漆の魅力を最大限に生かしてありますk。    ぐい吞み8000円、  板絵  6000円、   小容器は 6000円から1万円 どれも  絶対に 「飽きのこない」逸品です。 どうぞ ご高覧ください。

Monday, November 06, 2017

本日おすすめの逸品

ハーブボールセラピスト 神山聖子さん 謹製の なごみ枕  「温活パット」   有機栽培の穀物 ハーブで できています。   電子レンジで1分だけ 温めると、 20-30分 温かさが持続。 これからの季節 つらい、かたまわり、 首、 腰、 お腹  目の上 などに あててください。   あまりの気持ちのよさに そんまま 熟睡されてしまう方がほとんど。   ついに、 気持ちよさそうなご主人の姿に、飼い猫が 貸せ。。とすりよって くるそうです。      各色あります。  税込み2700円   

Sunday, November 05, 2017

カフェ部門からのおしらせ

11月は カレンダー月間。  2018年 カレンダー できた順番に 作家さんにもってきていただき 展示中。   今月は 作家の個展はなく、(常設もなく) カレンダー中心のかざりつけです。   メキシコの民芸品の頂点。(民芸品ですが、 もはや 芸術作品としてみとめられている) アレブリヘスを 展示販売しています。       さて  11月04日 Makimekko工房の  お菓子教室 + 試食会は大好評でした。    そして 11月05日から  11月のお菓子の提供ができます。 お飲み物付き800円 ① 抹茶のクグロフ  ②かぼちゃのフロランタン  ③パッションフルーツのぐみ    

Monday, October 30, 2017

ハロウイン企画も終了し、11月は カレンダー月間

11月は、カレンダー月間です。   各作家さんの 手作り(印刷業者にまかせたものもありますが)   見本展示いたします。 (販売ももちろん)   また 予約受付だけの 作家さんもいます。 11月は ロスピノスへ 地元作家ものの カレンダーを選びに来ませんか?

Friday, October 13, 2017

今月11月は DOOMO KEN メキシコ写真展

写真界の伝説 帝王 土門拳 を 師と仰ぎ 傾倒する 写真家  ヤマグチケンジ 師  (メキシコ在住37年!!) 本人いわく、 もう 日本語の上手なメキシコ人になりました。。だそうです!   住んでなければ 出会えない 本物のメキシコがあります。 現地でも DOOMO KENの ネームで 絶賛をあびています。   一時帰国にあわせて 個展開催中、 本人が持参の写真も後日 追加されます!

Monday, October 02, 2017

陶芸家で彫刻家 飯田浩丈氏の陶芸コーナー OPEN

茅ヶ崎で窯を持ち、陶芸教室でも 大人気の飯田浩丈氏。  当 ギャラリーでも 複数回の個展をされました。   そして、本日より、 飯田さんの 常設コーナーがスタート。 伝説のタジン鍋。。。が さらに バージョンUP    まるで 彫刻のような 美しい フォルム!!! 床の間に飾っておきたくなる    美しさ!        御飯用の土鍋は 当店 オーナーも 毎日使用してますが、もう 電気釜には 戻れません! たった5分 おもいきり ガスで加熱。 そのあと 20分 蒸らすだけで 極上 かまど炊きのごはんが たけるのです。  一生ものです。   その他 普段使いの食器  土瓶、敷物。。。  そして  オブジェとしか 思えない 縄文土器のような 圧倒的風格の 大鍋!  どうぞ ロスピノスで御覧ください。